top of page
  • 執筆者の写真shotaro yamaguchi

容器代(軟膏・水剤)の実費請求につきまして

更新日:5月30日

利用者さま各位


いつも当薬局をご愛顧いただきありがとうございます

調剤報酬の改定に伴い、2024年6月1日より保険適応外品となる水剤および軟膏の容器代につきましては下記の通り実費での費用を請求させていただくこととなりました


水剤容器

60ml…50円/個

150ml…100円/個

軟膏容器(※計量混合を伴わないもの)

容量を問わず100円/個


例1)水剤210mlが処方された場合

60ml容器(50円)+150ml容器(100円)→150円の実費請求となります



例2)プラスチベース500gが処方された場合

①500g入り大瓶のままお渡し→容器代の請求はありません

②120ml容器(軟膏容器最大サイズ)×5個での調剤→500円の実費請求となります


例3)リンデロンV軟膏50gが処方された場合

①5gチューブ(既製品)×10本をご希望→容器代の請求はありません

②60ml容器への詰め直しを希望→100円の実費請求となります


なお計量混合を伴う軟膏調剤の場合は、その保険点数内に容器代を含むものと解釈し、

当面は保険外請求の対象外とさせていただきます


ご理解の程お願い申し上げます


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

土曜日にご利用される皆様へ

新型コロナ&インフルエンザの大流行もようやく落ち着き、 また2024年4月の薬価改正にて製薬メーカーにとっての不採算品目(されど、私たちにとって重要なお薬)を値上げする措置が採られたことなども重なってか、問題となっていた医薬品の供給も(一部を除いて)復旧してきました ​ その一方で、今度は卸業者さんの減便というまた別の問題が起きてしまいました これまで平日は1~2回ほど納品いただいていた配送が一日

処方せん受付ページを新設

スマホなどによって処方せんを受けるけられるページを簡略ながら作ってみました 処方せんをFAX送信するサービスを行われていない中小病院やクリニックを受診された際、おためしください

Comments


bottom of page